BigMotelって何でしょう…

なんなんでしょうか…

M-1グランプリ2021 を見た

 

 

M-1グランプリ2021を見たので感想を書きます

 

 

 

 

1番手

モグライダー

 

3回戦のネタ

玉置浩二が歌う直前にわんこそばを食べさせたい」

がかなり良かったので決勝で見られて良かった

 

 

f:id:BigMotel:20211220154246j:image

※3回戦全ネタチェックの様子

 

 

点数に関して、出順が悪かったとの声が沢山あった 毎年一番手は気の毒である

ともしげさんの明るさのおかげで大会的にはかなり良い滑り出しになったし、インパクトも残せた この順番で良かったとも思う

 

f:id:BigMotel:20211220155838j:image

彼の全力っぷりはプラスマイナス岩橋くん、キャイ〜ンのウドちゃんを彷彿とさせる

全力空回り というのは人を引かせてしまうリスクを孕んでおり、バランスの取り方が難しいスタイルだ

 

肩を組み「そうよ私は♫」と歌う事で

この空回りが報われ、大団円を迎える

首を横に振り続けた芝美川が頷いた瞬間 観客や審査員(以後:観客)の抱えていたモヤモヤが一気に晴れ、それを代弁するが如く会心の笑みで絶叫するともしげさん

 

ともしげさんの笑顔を見ているとこちらも不思議と嬉しい気持ちになる

拍手が起こるほど会場の心を掴んでいた

素晴らしいネタだった

 

 

 

 

2番手

ランジャタイ

 

ランジャタイについては長めに話したい

今回のネタについて語る際、引き合いに出されるのは間違いなく昨年王者マヂラブだろう

ツッコミの制止を10割無視してボケ続ける型の中で、2人は 狂い・実況 の立場を取ることになる

最下位に終わった要因に

知名度・構成による狂いのポップ度不足」

を提唱したい

 

野田クリスタルの狂いがポップに映ったのは、上沼恵美子に怒られた過去があったからだ

怒られた後の大スベり、リベンジに燃えるコメント、敗退時に獲得した知名度が、ネタ中の狂いをポップに映す

さらに マヂラブはつかみ〜ネタに入るまで、必ず十数秒の会話を挟み「やってみましょう」と区切る

ここから野田クリは「実況の声は届いているがあえて無視し続ける、狂いに"いっている"人」として観客に映る

狂いスイッチのONOFFが可視化され、安心して彼の暴走を笑うことができる

国ちゃんが区切りを付けずヌルっと狂い、困惑してしまった観客も少なくないだろう

 

昨年の敗者復活戦から熱狂的なファンを着々と獲得してきたランジャタイを持ってしても、高い知名度を誇るとは言い切れない

そんな2人が提示した純度100の狂いに 観客がハマるまで かなり時間を要した

知名度という後ろ盾がない状態で狂い・実況の型をとる難しさを感じた

 

伊藤くんのツッコミで観客が湧かなかった様子も気になった

マヂラブ村上の「箱根登山鉄道」のようなキラー実況があれば、国ちゃんの狂いも一気にポップに、滑稽に映ったかもしれない オチのダブル将棋ロボも活きたはずだ (実際ダブル将棋ロボはめちゃくちゃ面白い なんなんだそのロボは)

伊藤くんの赤い靴が ネタを見る際のノイズになっていないか心配である

 

もういっちょTV等で見守ってきた分 かなり思い入れがあった 無茶苦茶面白いネタだと思う

 

 

 

3番手

ゆにばーす

 

しゃべくり続けた上での しばいたろか!

触ってないですよ!!!!!!!!が爆発的にウケた

先程から「客が引くかどうか」について触れてきたが、引かれがちな下ネタを扱ってあそこまで笑いを取るとは 流石名人である

後半につれて表情が豊かになっていくはらちゃんにも惹き込まれた

 

 

 

姿勢、特に目線の違和感について話そうと思う

名人の目線ははらちゃんへ、はらちゃんの目線は客席の後ろへと向いている

普段の会話の延長でヒートアップしていく漫才を しゃべくり漫才、喧嘩漫才と呼ぶが、このネタに関してはらちゃんの目線がしゃべくりのリアリティを削いでしまっているように思えた

 

名人の猛攻に全く怯まず客席を眺める温度差が面白さのキモになるはずだったが…

「悩みあんだよ」から「オレ爆裂不利やんけ!」まで、大きなボケを挟まず 約2分のしゃべくりが続いた

その間はらちゃんのヘソは正面を向いたまま、目線は前を向いたままだ

仁王立ちのルックス的面白さはあるが、2分という時間はこれだけで持つ間ではない

 

はらちゃんは徐々に「温度差があり面白い人」から「ツッコミに対応せずボケる準備をしている違和感のある人」へと変身していく…

 

 

 

「コロナ賛成派より不利なことあります?!」

と客席に同意を求める名人の目線からは、見取り図盛山くんと同じものを感じる

見取り図が賞レースで決めきれない原因が、この目線にあると考える

 

盛山くんの得意技は挙手を募りながら「おかしない?!」と同意を求めること

普段の現場では アピールした分だけ客席からのレスポンスもあり、その相互作用で面白さが加速していく

 

しかし、前説を3組挟んでも観客の緊張がほぐれない とまで言われるM-1の異様な雰囲気の中で、このアピールは決定打になり得ない むしろノイズになる

 

名人のアピールが空振りに終わり しゃべくりのリアリティが更に削られた結果 違和感が生じてしまった

 

この違和感を解消すれば、もっと良い点数が望めたのではないだろうか

序盤、終盤と爆発的にウケただけに残念である

 

 

 

 

4番手

ハライチ

 

名前をつけてやるTシャツ…

ラストイヤーのコンビを見ると胸が熱くなる

 

キレ芸の亜種、キレるの慣れてない芸で臨んだハライチの勢いには 若手を超えるそれがあった

発明かつ博打のような漫才だった

残念ながらファイナリストからは外れてしまったが、相当笑った

一方ハマらない人はキレ続ける岩井さんを眺めることになる まさに博打である

 

澤部がキレ返す、岩井さんが落ち着く 等のトドメを期待してしまった分、笑い続けた後疲れだけが残ってしまった という印象がある

 

 

 

 

5番手

真空ジェシカ

 

いや〜無茶苦茶面白かった

上手すぎる 毎話楽しめるドラマのような、途中から見ても笑える強いネタだった

単体で笑える川北のボケをガクがブーストするシステムがかなり強い

 

この後相当褒めるので先に弱みを話す

見る側にある程度の教養を求めるボケがかなり多いのだ(二進数、ヘルプサイン、酸性雨等がそれにあたる)

 

「細か過ぎて伝わらないモノマネ選手権」が提供する笑いは2種類ある

ニッチな着眼点から生まれるハイセンスな笑い

誇張した表情、落下時の動きなどのナンセンスな笑い

前者の面白さは「知ったかぶりでも腹の底から笑える能力」を観客に求めるものであり、それを持たない者を置き去りにしてしまう

床が開いて落ちるナンセンスな笑いがセーフティネットとなり、番組が長く続いているのだと思う

 

以上を考慮すると 真空ジェシカセーフティネットは「ツッコミのトーン」ぐらいで、かなり心細い

センスが良いと褒められがちな2人だが、今後裏目に出ないことを祈りたい

現に上沼恵美子が「ついていけない」と評している 網からあぶれた観客の気持ちを代弁しているようだ

 

褒めるパートに戻る

元々川北のボケはシュールに限定されていたが

(学生時代のネタ映像で、天竺鼠川原のネタを焼き増したような可愛いらしい川北を確認できる)

最近はバリエーションも増えてきた

 

・導入でけっこう嫌な事を言う

・野球例えを2回する(どうしても伝えたい様子から人間味を感じさせる効果)

・笑って間を作りズレた事を言う(ミッキーは1人)

これ以外にも様々なボケのパターンを一つのネタに集約している かなり高度な事をやっている

 

 

ガクのツッコミはボケを補強・解説する形で2段階の笑いを生む

こうしたツッコミは言い終わるまでに時間が掛かるため観客が冷めやすく、粗品フット後藤のような名手にならない限りスベりがちである

 

あそこまでウケていたのは 川北の単体でも笑えるボケで盛り上がりが持続していたためだ

それを受け、ガクはトーン・モーションの面白さを加える プラス、プラスの構図、強い…

(話題は逸れるが スベった若手をたとえツッコミでマイナスからプラスへ持ち上げるフット後藤の手腕を再認識した)

また、大声でキレずに 困惑する というツッコミも コント風漫才の流れを邪魔しない要素となっている

 

勿体無く感じたのはヘルプサインで凄まじくウケた後の身の振り方だ

あの笑いを受け、ガクはアタフタする様を延長する事もできた この辺りはネタが緻密に作られている分アドリブが相当難しい

更に経験を積み、こうした場面での対応力が上がれば 最終決戦に食い込めるコンビだと思っている

 

 

 

 

6番手

オズワルド

 

強すぎる 1st Roundは文句なしの1位と言って良い

伊藤の大声にはカッコ良さすら覚える

「小林いらねえな」

「親友だってさ」

「ビッグピースじゃん」

後半の畳み掛けにキラーワードをしっかり盛り込んできている

 

畠中の ヤバい奴演出 も完璧で

序盤の「何何何??!」「え?何が?何が?」で一気に観客の心を掴んでいる

 

伊藤のローテンションが注目されがちだが、それは畠中のヤバさに触れ後半ハイになるための伏線なのだ

畠中の淡々としたトーン維持も素晴らしい

(まぁネタ以外でもこうなので天才とも言える)

 

散々目にした意見だが、最終決戦で1stを越えられなかった事が敗因になった

昨年のおいでやすこが現象とでも言うべきか

 

ヤバい奴が理不尽Powerでツッコミをタジタジにさせる構図はかまいたちを思わせる

彼らが叶える事ができなかった優勝をオズワルドには経験して欲しい

 

 

 

 

 

7番手

ロングコートダディ

 

大ウケが山ほどあった分、オチの決めきれなさが非常に勿体なかった 最終決戦に進む勢いがあった

 

立ち位置についてはロングコートダディ擁護派である あの移動で情景展開のテンポが生まれたし、肉うどん転生ゾーンもうっすらと見えた

ただ賞レースでのウケを考えると一回り小さくても良かったのではと思う

 

移動が足枷になっていたのは終盤

ワゴンRでネタ中最大の笑いが起きたので、移動距離が短ければ減速せずオチまで到達できたはずだ(ワゴンR?!→あなたは45万km走って下さい→天寿長すぎるやろ!を一息で済ませるイメージ)ネタを終える位置をセンターにするだけでも違った

 

兎君の演技力は凄まじい

転生先が肉うどんに決まった男の絶望感

マジで肉うどんに見えてくる技術はどこで身に付けたんだ

 

堂前の2文字タイムで会場がひっくり返るほど盛り上がったのは熱かった 次はなんだ 次はなんだと期待させる構成で、期待以上の展開を出してくる

ワゴンRを選んだ際は相当悩んだそうだ

(他候補:若女将、ワイルドスピード2、割り勘のアプリなど)

 

 

 

 

 

8番手

錦鯉

 

最終決戦の話になるが、まさのりを寝かせる場面で錦鯉の優勝を確信し、大笑いしながら号泣してしまった こんな経験は初めてだ 本当におめでとう

 

打ち上げでかまいたち濱家も触れていたが、穴でも掘ってろよ!に対し、まさのりが「穴は、掘らないよ」と返し、特に何も回収せずネタが進んだ点も 彼の馬鹿っぷりを際立たせるスパイスになっていた これはラッキーパンチのような物だが ネタの端々で人間性がプラスに作用する良い例だと思う

 

隆さんのツッコミは本当に気持ちいい

頭が良くなる本を買ったよ!に対し

早く読めよ

この6文字のイントネーションひとつ取っても上手さが分かる

序盤で「次は何と言いながら頭を叩くんだ?」と期待させ、止まらないボケに次々とツッコミを入れていく 終盤は絶叫しながらまさのりを叩き続ける 若手でも息が上がりそうな漫才だ

 

まさのりのボケはストレート100km 球種はこれだけである

先程の真空ジェシカ川北とは真逆で 素直すぎるボケだが、隆さんのツッコミがこれを160kmまでブーストする

しまいには ボケが馬鹿であればあるほど、ストレート100kmであるほど笑えてくる

バナナを頑張りすぎてダナナ!ダナナ!と発音するまさのりがひたすら輝いていた

ここまで全力で馬鹿をやっていると スベってもネタを飛ばしてもプラスに転ぶんじゃないかと思ってしまう 凄い人だ

 

https://youtu.be/FbYxsXUGHNg

 

今朝はこれを見て泣いていました 本当に嬉しいよ…

 

 

 

 

9番手

インディアンス

 

手放しで笑える最高のコンビ

ボケの球数が多く、コンスタントに笑いを取っていく

アンタッチャブル山崎、ノンスタイル石田など、歴代王者に見るボケ持久力をたぶっちゃんは既に持っている

楽天モバイル の声量しかり、芸人としてフィジカル面にもかなり恵まれている 何よりポップだ

平場に強く、意外と真面目に笑いを語る一面もある 魅力的すぎる

 

きむのスピード感ある関西弁ツッコミがなければたぶっちゃんを制御できない

テンポを2人で生み出している雰囲気が過去2度の決勝と比べて圧倒的に強かった

f:id:BigMotel:20211221004121j:image

関西弁の強さに関して、審査員塙氏のこの本がかなり参考になった

※なんでやねん の持つ汎用性 温かみ

何でだよ!だと怒りのニュアンスが出てしまう 等

昨年までのきむの緊張が無くなり、掛け合いが対等になる事で 関西芸人特有の賑やかさが生まれる ゾーンに入っていたようにも見えた

 

ほぼ回鍋肉なんですよね、ウィーン が好きすぎる

 

文句のつけようがない2ネタだった

 

 

 

 

10番手

もも

 

ダブルボケの一本槍 カッコよかった

ミルクボーイが一本槍で優勝できたのは下積みで獲得した うまさ があったからだ

 

ハイペースで声を張ったため 盛り上がりを維持するため頑張っているように映った ペース配分は うまさ が無いと無茶苦茶になってしまう

うまさ不足から来る細かい「勿体無い」の積み重ねで 今回の点数がついた

 

なんでや1に対し笑いが1しか起こらない仕組みだった

この仕組みが変わると点数も上がったはずだ 次のなんでや までにもう1ボケ挟む余裕はありそうだ

 

見た目あるあるに終始してしまうかと思いきや 妹めっちゃ欲しい、で球種を変えてきた 凄い

 

残念ながら中弛み感が拭えず そろそろ終わりかな?というタイミングで謎にローテンションのオチだった

 

しかしまた見たくなるシステムの漫才だった

システム作りの天才 ハライチのラストイヤーで、結成4年目のももが参戦してきた事実、かなり熱いですね…

 

 

 

 

おわりに

今年も沢山笑わせてもらいました

笑いあり涙あり の涙の部分はあまり好きじゃないんですが 去年のM-1のまさのりを見ていたので涙と色んな思いが止まらなくなってしまい、その結果このブログを書いたという訳です

例年 M-1に歴史あり と言われておりますが何か分かったような気がします 末永くM-1と付き合っていきたいです

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:BigMotel:20211221011320j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

f:id:BigMotel:20211221011720j:image

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おわり